2003年7月16日、夏休み直前・百花繚乱、大遠見トレッキング

晴れの天気予報を頼りにいつもより倍の距離を歩く大遠見山までのトレッキング
あいにく山はガスって鹿島槍や五竜岳の眺望は望めませんでしたが、
アルプス平から、小遠見、中遠見を経て大遠見までの行程は、
登るに連れて変化する花がとても新鮮に感じられました。
8時15分一番のゴンドラに乗り、下山は14時30分、ちょっとがんばれば大丈夫です。
7/19からはテレキャビンは7時30分から、そしたらこんどは西遠見までいこうかな。

今回の撮影は【しみみ〜】で〜す。


不気味な装いのギンリョウソウ
(小遠見山山頂付近にて)

五竜テレキャビン(8:15乗車)〜五竜アルプス山野草園〜アルプス展望リフト乗車(8:40)

ミヤマダイコンソウ

ダイコンソウ(花後の穂)

クリンソウ

ヒオウギアヤメ

ダイコンソウは根生葉が大根の葉っぱに似ていることからその名がついたそうです。大根そのものとは全く別種です。ミヤマダイコンソウはダイコンソウよりも標高の高いところに自生し、八方尾根の丸山ケルンより上部で見られます。クリンソウは花期が長いですね、6月下旬から今まで一ヶ月近く咲いています。まだまだ終わりそうにありませんよ。さて、アルプス展望リフトに乗っていよいよ出発、普段より遠い大遠見まで行こうという気持だけは十分ですが、果たして途中でやっぱりや〜めたなんてことにならないかしら・・・。

アルプス平自然遊歩道(地蔵の頭9:00)

オニアザミ

キバナノカワラマツバ

ミネウスユキソウ

ミヤマトウキ

オオバギボウシ

タカネセンブリ

サラサドウダンツツジ

マイヅルソウ

キバナノカワラマツバはまだこれからですね。写真よりもっとたくさん小さな花をこれからどんどんついていきます。オオバギボウシも写真のものはほぼ咲きそろったものですが、むしろまだこれから咲いてくるつぼみに近いものも多くありました。私の使っているデジカメだと小さな花はボケちゃうんですけど、やっとこの小さい花のタカネセンブリがボケずにきれいに撮れましたよ。小さい花なので見落とさないよう探してみよう。

小遠見山までの道程
地蔵の頭9:00 〜 見返平9:20 〜 一ノ背髪9:45 〜 二ノ背髪10:00 〜 小遠見山10:15

ゴゼンタチバナ

モミジカラマツ

ウラジロヨウラク

アカモノ(別名イワハゼ)

ミヤマママコナ

ヤマハハコ

ツマトリソウ

ギンリョウソウ

相変わらず足元にはゴゼンタチバナ・ツマトリソウ・アカモノが咲いています。この3種の花は大遠見までずぅ〜と咲いていました。ただ、小遠見まではイワカガミ・ミツバオウレンなどはもう数少なくなり、ゴゼンタチバナやアカモノももう終わりかけのものも結構ありました。モミジカラマツは地蔵の頭から小遠見への登山道にはいって最初に右にカーブするところの手前あたりに道の左側にさいています。小遠見山までの道ではここでしか私はみたことがありません。一ノ背髪を越えると、6月下旬のハルリンドウに代わってミヤマママコナが見頃となっています。そして・・・・不気味なギンリョウソウ(別名ユウレイダケ)を発見!!小遠見山トレッキングではかなりひさしぶりに見つけました。小遠見山山頂ちょっと手前の足元に咲いています。ちょっと気持わるい植物です。

大遠見山までの道程
小遠見山10:30 〜 中遠見10:45 〜 大遠見山11:20
※小遠見山より先は本格的な登山道です。大遠見の日帰り登山には登山届を忘れずに。

シロバナクモマニガナ

ミヤマコウゾリナ

ホツツジ

ウラジロナナカマド

ハクサンシャクナゲ

イワカガミ

ミツバオウレン

枯れる直前のシヨウジョウバカマ

シロバナクモマニガナやホツツジはアルプス平自然遊歩道から小遠見・大遠見にいたるまでちょこちょこ咲いています。しかしやっぱり黄色くてよくありがちな花の見分けは難しいなぁ、カンチコウゾリナなんだかミヤマコウゾリナなんだかクモマニナガ・・・・でも多分写真のものはミヤマコウゾリナです。ハクサンシャクナゲは小遠見山までの道程でもいくつか見かけましたが、中遠見・大遠見までの道筋ではさらにたくさん咲いていました。そして大遠見ちょっと手前、小遠見ではもうほぼ終わったかと思ったイワカガミとミツバオウレンが群生で出迎えてくれました。
大遠見で50分ほどの大休止、登りは写真を撮りながらの登山でしたが、途中行きに写真には撮ったが名前が不明なものを確認しながら、下りは一気にいきました。下りのコースタイムは、
大遠見12:10〜中遠見12:45〜小遠見山頂分岐13:05〜二ノ背髪12:15〜一ノ背髪13:20〜見返平13:40〜地蔵の沼13:50、でした。

下山後・アルプス平自然遊歩道(地蔵の沼13:50)

ニッコウキスゲ

ワタスゲ

コメツツジ

トリアシショウマ

咲き始めたキンコウカ

キジムシロ

咲き始めたタテヤマウツボグサ

ダイコンソウ

地蔵の沼周辺では、ニッコウキスゲ・ワタスゲが見頃です。キンコウカやタテヤマウツボグサ、アカバナシモツケソウなどはこれからが見頃といった感じで、夏休みになってこれらの花が見頃を迎えるのがとっても楽しみになってきました。アルプス展望リフト乗り場をちょっと下ったところではダイコンソウを見つけました。山野草園の植栽だけでなく、自生のものもあるんですね。

五竜アルプス山野草園を経て下山(五竜テレキャビン下り14:30乗車)

イブキジャコウソウ

コマクサ

シロバナコマクサ

タカネナデシコ

ホソバヒナウスユキソウ

ウサギギク

イワギキョウ

チシマギキョウ

いよいよ今日のトレッキングも終わりに近づきました、14:30までに降りてこられたし、大遠見では50分も大休止したことを考えると、さらに足を伸ばして西遠見もいけたかも・・・何てことを考えながら、山野草園の花を見て帰りました。コマクサは五竜山荘の裏で咲いていたのを、チシマギキョウやイワギキョウは登山の途中で見たものを思い出し、ホソバヒナウスユキソウを見て、まだ見ぬ尾瀬の至仏山の自生のものに思いをはせ、山野草園の花を見ていると、また今度本格的な登山をしたい気持がふつふつと湧いてくるのでした。

過去のバックナンバーはこちら 

⇒4月

⇒5月

⇒6月

⇒7月

⇒8月

⇒9月

最新のページ